洗顔ルーティーン |  敏感肌のスキンケア |  肌にやさしくコスパ抜群♪"おいしい"スキンケア法! | 
  1. >
  2. 肌にやさしくコスパ抜群♪"おいしい"スキンケア法!

肌にやさしくコスパ抜群♪"おいしい"スキンケア法!

ある日、ボーっとネットを見ていると、アジアの有名美人女優さんの美容法に目がとまりました。その方法は、小麦粉、少量のはちみつ、ヨーグルトを混ぜて顔に塗り、数分経ったら水で洗い流す…という簡単なもの。試しに実践してみたら、肌のくすみが取れてぷるぷるに!「いつもキレイだねって言われたい!」。そんな想いを胸にスキンケアは抜かりなくおこなってきた私。そのため、1本1万円ほどするスキンケアアイテムを使用していました。でも、これ以来、ナチュラルコスメづくりにハマっています。「フルーツやナチュラル素材のパワーってすごい!!」と感心しています。

普段は使わないが、海外では、、、、

私は普段から洗顔、冬場は洗顔と顔に乳液を使います。ニキビやテカリ、また汗が気になるので毎日洗顔しています。それらをスキンケアと呼ぶならしていることになります。私としては別の認識。私は顔の脂が気になりますが、他の肌はそれが気にならないので、洗顔以外はせず放置しています。

そんな私もスキンケアをする時があります。それは私の肌が乾燥に弱いのが原因です。日本は気候上湿度が高いので、基本的に平気ですが、冬場になると肌がつっ張ります。

乾燥している地域ではローションばかりを使っています。その時は顔だけでなく、腕や足にまで塗ります。

普段は日本に住んでいるためスキンケアの必要性がないですが、海外に行く時には注意しています。また日焼け止めを塗っておくことで保湿も出来るので、一石二鳥だと考え使っています。

私のスキンケア歴は年齢(30)

元々は母の影響でした。母は地黒である肌の色にコンプレックスがあり、生まれながらに色白。なおかつ弱い肌であったため物心つく頃にはスキンケアは生活の一部でした。

初めは美しくなりたいよりも焼けたら痛いから。できものが出来ないようにの気持ちだけでした。ただ、だんだん大人になるにつれて、周りから肌が綺麗だね。とお褒めいただく事が30代を迎えてから増えたように感じます。やはり継続は力なり。若い時は特別なケアはしてないんです。化粧水と乳液だけ。洗顔だけはこだわりすこしだけ。良いものにしてましたけど、せいぜい全部合わせても4000円はいかないでしようね。毎月ではないですし。

若い頃からしっかりしていたためか

肌年齢は、実年齢?10歳でした。

これからもおろそかにせず

ケアしていきます。

【30代からの肌の手入れの重要さ】

私は30代後半の男性ですが、常に欠かさずスキンケアを行っています。

この年頃になると肌がカサカサになりますし、もともと乾燥肌ですので常にケアを行っていなければ大変なことになってしまいます。

基本、お風呂上りに化粧水と乳液を身体全体に塗っていますが、なるべく天然仕様の化粧水等を使用することで肌に対し刺激を少なくするように心掛けています。

正直どの化粧水等が良いのかはわかりませんが、人それぞれ肌や角質層が違うのでその人にあった化粧水を見つける事が大事だと思います。

スキンケアは洗い方も重要ですし、きちんとした手入れを行う事が綺麗な肌を保つ秘訣です。

それを理解した上で自分に合ったケアの仕方を勉強しましょう。

Copyright (C) 必見!ニキビ跡に効く化粧水の情報教えます | ニキビ跡ケアのはじめの一歩 All Rights Reserved.